奥州・金ケ崎

地元の魅力ギュッと 生産者3人初イベント ハックルベリーPR【奥州】

生産品の「ガーデンハックルベリーso―su」やコラボ品の販売など初の収穫祭を開催した「夢楽のかあちゃん」のメンバー

 奥州市江刺玉里のガーデンハックルベリー生産者3人による「夢楽(むら)のかあちゃん」は、初のイベント「ガーデンハックルベリー収穫祭&美味(うま)いものギュッin古民家」を10日、地区内で開催した。事業者とのコラボレーションによる試食会、ケーキ限定販売で生産品を使ったソース「ガーデンハックルベリーso―su」をPR。併せて、多くの協力を得て農産物、ハンドメード品などを敷地内各所で販売し、来場者を楽しませた。

 夢楽のかあちゃんは後藤香子さん(65)、後藤えり子さん(60)、高橋咲子さん(71)の3人で構成。それぞれガーデンハックルベリーを作付けしているほか、2019年から同市江刺玉里字六百刈田地内で共同栽培も開始。今年から生産品を用いたヨーグルトなど向けのソース「ガーデンハックルベリーso―su」を発売し、関東方面を中心に好評を博している。

 今回のイベントは収穫物や加工品とともに、江刺の魅力発信を込めた「ちっちゃなちっちゃなマルシェ」として企画。高橋さんは「今年は大量に収穫できたので還元できればと考えた。ガーデンハックルベリーをもっと普及させたいし、いろいろなお客さんを呼び込みたい」と思いを語る。

 同市江刺玉里字新田前の夢楽の味房(後藤香子さん方)を会場に敷地内各所で地場産の新米や野菜、リンゴ、団子、絵はがき、小物の販売や、芋の子汁の振る舞いを出店協力を得て実施。ソースの販売に加え、ギフト商品で提携している湯田牛乳公社(西和賀町)の湯田ヨーグルトとソースの試食会、地元洋菓子店とコラボしたケーキの限定販売も行い、来場者でにぎわった。

 後藤香子さんは「みんなに知ってもらう上でイベントをやった方がいいと思った。いっぱい来てくれた」と語り、後藤えり子さんは「ハックルベリーで年1回くらいイベントをやっていければ」と今後の継続にも意欲を示した。ソースは1パック600円(140グラム、税別)。

 問い合わせは夢楽のかあちゃん=0197(36)3012=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年12月6日付
奥州・金ケ崎
2019年12月6日付
奥州・金ケ崎
2019年12月6日付
奥州・金ケ崎
2019年12月6日付
奥州・金ケ崎
2019年12月6日付