花巻

花巻・東和コミュニティセンター開館 地域の文化拠点に

東和コミュニティセンター開館式でテープカットする上田市長(中央)ら

 東和コミュニティセンター開館式は17日、花巻市東和町安俵の同センターで行われた。式典とこけら落としの郷土芸能発表などで、生まれ変わった地域の文化拠点供用開始を祝った。

 式典には上田東一市長や設計施工業者、町内コミュニティ会議関係者ら約70人が出席。上田市長は「(前コミュニティセンターは)築40年が経過して平成27年度末で休止、30年度に解体撤去した。新しいコミセンは地域の中心にあり、生涯学習事業や地域づくり活動の拠点となる。皆さんに活用していただくことで東和地域がますます発展することを祈念する」とあいさつした。

 来賓の小原雅道市議会議長が祝辞を寄せ、上田市長や地元の土沢地域づくり会議・小川洋征代表らがテープカット。式典終了後は館内で市立東和中による吹奏楽部演奏と倉沢人形歌舞伎公演が行われ、式典出席者らが真新しいホールの音響、使い勝手の良さなどを体感した。18日から本格稼働する「軽食・喫茶 憩いの場ほっと」のコーヒーサービス、休館中の「東和ふるさと歴史資料館」収蔵品を集めたコーナー、和室でのお茶振る舞いなども来館者を喜ばせていた。

 新「コミセン」は既に200件ほどの利用予約(6カ月先まで)が入っているといい、住民の期待の高さをうかがわせている。小川代表は「利用者の意見を取り入れ、立派なホールができた。伝統芸能の舞い初めなど個々に実施している催しのマッチングを工夫するなどして、交流人口増にもつなげていければ」と今後を見据えていた。

 建物は鉄筋コンクリート造り平屋建て(倉庫部分一部2階建て)で、床面積約1100平方メートル。多目的ホールや市民ホール、会議室、和室などを備える。全室冷暖房完備のバリアフリー設計で、開館時間は午前8時30分~午後10時。

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年12月16日付
花巻
2019年12月16日付
花巻
2019年12月16日付
花巻
2019年12月16日付
花巻
2019年12月16日付