花巻

吉本芸人「DARE?」 障害のあるアーティスト作品 ヘラルボニーなど商品化【花巻】

ヘラルボニーと吉本興業によるアパレルブランド「DARE?」が商品化した自身の肖像画のパーカーを着用するゆりやんレトリィバァ
ロングスリーブTシャツ。(肖像画左上から時計回りに)河本準一、濱田祐太郎、田村裕、レイザーラモンHG、くまだまさし、ゆりやんレトリィバァ

 福祉を起点に新たな文化を創る花巻市のヘラルボニー(松田崇弥代表取締役社長)は吉本興業と共同で、知的障害のあるアーティストが描いた人気芸人の肖像画を商品化するアパレルブランド「DARE?(ダレ?)」を発表した。

 ヘラルボニーは「異彩を、放て。」をミッションに掲げる福祉実験ユニット。福祉を軸とした新規サービスの企画立案・開発やイベント・ワークショップの企画・ディレクション、知的障害のあるアーティストが描いたアート作品の販売・ファブリック展開などに取り組んでいる。

 今回は、人を笑顔にすることをなりわいとする吉本興業と共鳴。くまだまさし、河本準一(次長課長)、田村裕(麒麟)、濱田祐太郎、ゆりやんレトリィバァ、レイザーラモンHGの6人の芸人を京都の福祉施設「Swing」と「アトリエやっほぅ!!」のアーティストが描き、パーカー、ロングスリーブTシャツ、トートバッグに仕上げた。ブランド名「DARE?」には「誰だろう?」とイメージを膨らませる日本語の「誰」と、「あえて思い切って~する」という英語の「DARE」の二つの意味を込めた。

 松田代表取締役社長は「障害がある人って、笑っちゃ駄目な存在。そんな社会に蔓延(まんえん)するイメージを破壊したかった。そんな時に、吉本興業さんと、芸人さんと、スウィングさんと、アトリエやっほぅ!!さんと出会いました。『だれ?』という疑問をフィルターに『似てる! 似てない! かっこいい! かわいい!』と一喜一憂する未来を夢見ています」と話している。

 価格はパーカー7500円、ロングスリーブTシャツ4500円、トートバッグ2500円(いずれも税抜き)。東京都渋谷区のSHIBUYA TSUTAYAに12月2日まで開設されているポップアップショップのほか、DARE?公式サイト(https://daredaredare.theshop.jp)から購入できる。

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年12月6日付
花巻
2019年12月6日付
花巻
2019年12月6日付
花巻
2019年12月6日付
花巻
2019年12月6日付