県内外

「伊達な暮らし」PRへ 来月14日4市町 東京で移住セミナー

来月14日に開催される「伊達な暮らしセミナー」のPRチラシ

 一関市と平泉町、宮城県の栗原市、登米市は、12月14日に移住をテーマにした「伊達な暮らしセミナー」を東京都内の飲食店で開催する。地方への移住に関心がある人を対象にした4市町連携事業で、各市町の魅力を紹介するプレゼンテーションや郷土食の調理・試食、ゲストスピーカーによる講話などを行う。主管自治体の一関市は「4市町に戻ってきたい人がいれば、ぜひ参加してほしい」と呼び掛けている。

 少子高齢化などに伴う定住人口減少を踏まえた移住促進の取り組みで、これまでは栗原市が単独で事業を実施していたが、今年は初めて4市町の連携事業として行う。「東京での移住セミナー」という位置付けながら、4市町の関係人口、交流人口を増やす狙いもある。

 セミナーは、来月14日午後2時から4時30分まで東京都港区赤坂の東北酒場トレジオンポートで開催する。「伊達な暮らしトーク」では4市町の担当職員がそれぞれのまちの魅力や支援制度の概要などをPR。郷土食の体験では「はっとつみ体験」として生地を薄く伸ばしてちぎる工程に挑戦し、試食してもらう。

 「伊達な暮らし講話」では、君恋いわてリーダーの石亀彩子さんと、民宿&ゲストハウスまたきたいの菊池真さんが、ゲストスピーカーとして地域の魅力を語る。

 定員は複数参加の場合で20組(約30人)。セミナー終了後の5時からは各市町の担当者や参加者が情報交換を行う交流会も開かれる。参加費はセミナーのみ参加が無料で、交流会が1人5000円。

 申し込みの締め切りは来月10日だが、定員になり次第締め切る。

 申し込み、問い合わせは一関市いきがいづくり課=0191(21)8852=へ。メールアドレスは次の通り。

ikigai@city.ichinoseki.iwate.jp

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年12月6日付
県内外
2019年12月6日付
県内外
2019年12月6日付
県内外
2019年12月6日付
県内外
2019年12月6日付