一関・平泉

輪禍死ゼロ5000日 大東・渋民 達成祝い継続決意【一関】

死亡事故ゼロ5000日達成を喜ぶ安協渋民分会の歴代会長ら

 一関市大東町の東磐井地区交通安全協会渋民分会(三浦浩幸分会長)の交通死亡事故ゼロ5000日達成セレモニーは27日、同町渋民字大洞の交通安全啓蒙(けいもう)塔前で行われ、出席者が10年以上にわたる死亡事故の抑止を祝い、さらなる継続を誓った。

 会員ら14人が出席。三浦分会長は「5000日の達成は皆さんの努力のおかげ。県内ではまだまだ交通事故が多いので、地域内の死亡事故ゼロをこれから1万日、1万5000日と続けられるよう努めていきたい」とあいさつ。歴代分会長らと共に記念のくす玉を開き、記録達成を祝った。

 同分会管内では、過去に1万日以上死亡事故ゼロを達成したことがある一方、毎年のように死亡事故が発生した時期もあるという。千厩署摺沢駐在所の鈴木覚所長は「記録達成は地域の人々の努力のたまもの。管内では現在道路工事が行われ、今後道路環境が変化することも考えられるので、引き続き目を光らせてもらいたい」と語っていた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年11月26日付
一関・平泉
2020年11月26日付
一関・平泉
2020年11月26日付
一関・平泉
2020年11月26日付
一関・平泉
2020年11月26日付