花巻

冬場の利用促進へ Xマスツリーやキャンドル点灯 花巻中央広場でイベント

花巻中央広場の冬活用イベントでクリスマスツリーやキャンドルを点灯。来場者が思い思いに時間を過ごした

 花巻市吹張町の花巻中央広場で1日、冬季の利用促進につなげるためのイベントが開かれた。クリスマスツリーやクリスマスリースが設置されたほか、市民らの手で多数のキャンドルに火がともされ、広場で催されたイベントを楽しみながら聖夜の気分を堪能した。ツリーやリースなどのイルミネーションは25日まで夜間に点灯される。

 同広場が7月に全面開放されて初めて冬を迎えたことから市では官民連携のイベントとして計画し、市内でイベント企画などを展開するBonD・Planning(ビーオンディー・プランニング、清水頭聖子代表取締役)がプロデュースした。

 冬を楽しめるイベントが用意され、焼きマシュマロ作りと薫製体験、小屋の中で木のおもちゃで遊ぶコーナーなどが設けられた。小屋の中や屋外には同市北湯口の暖房機器メーカー、サンポットの協力で暖房器具のさまざまな用途体験も行われた。

 夕方にはツリーとキャンドルの点灯セレモニーが行われた。児童生徒20人による「イーハトーヴ子供合唱隊」のクリスマスソングの歌声に合わせ、関係者がキャンドルに点火。広場北側の滑り台頂上部に設置された高さ3メートルのツリー、広場入り口に設けられた直径3メートルのリースなど広場内のイルミネーションも点灯された。キャンドルは市民手作りと、結婚式で使われたのを再加工したものが並べられた。

 上田東一市長は「イルミネーションで広場が明るくなるので、広場に足を運んでもらってイベントを楽しんでほしい」とあいさつ。同日はイベントに700人が集まり、広場内で記念撮影するなど思い思いに時間を過ごした。

 長男の健臣ちゃん(3)と訪れた同市花城町の野木加奈子さん(37)は「子供も楽しめるイベントなので参加した。子供が滑り台や駆けっこが好きなので、散歩を兼ねて利用している。冬も遊び場として利用したい」と話していた。

 イルミネーションの点灯は25日まで。時間は午後4時から10時までで、20~25日は午前0時まで点灯する。

 14日には特設テント内でホットワインや食事などを楽しむ「冬を彩るワインパーティー」を午後3時から7時まで開催する。

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年12月13日付
花巻
2019年12月13日付
花巻
2019年12月13日付
花巻
2019年12月13日付
花巻
2019年12月13日付