一関・平泉

自ら変わる努力を しんきん文化講演会 渡辺正行さんが人生訓【一関】

趣味の剣道のエピソードなどを語った渡辺さん

 一関信用金庫(千葉一郎理事長)は3日、しんきん文化講演会を一関市大手町の一関文化センターで開いた。タレントの渡辺正行さん(63)が、芸能界を志した経緯や趣味とする剣道などのエピソードをユーモアたっぷりに語った。

 「健康だからできる―笑顔の毎日」をテーマに講演した渡辺さんは、明治大入学後に落語研究会に入り、先輩に当たる立川志の輔さんに憧れて芸能の道を志したことを紹介。仕事がなくて挫折を経験したが、ラサール石井さん、小宮孝泰さんとコント赤信号を結成し、劇場で真摯(しんし)に芸に向き合っていたところ、それまで見向きもされなかった先輩芸人からアドバイスを受けるようになったことを振り返り「自分が変わると周りが変わる。周りを変えようとするのではなく、自分が変わろうとすることが大切」と述べた。

 中学時代に始めた剣道については、テレビ番組をきっかけに再び取り組むようになり、東京都代表としてねんりんピックに出場したことを紹介し「趣味を持ってこつこつやることで、自分の中で目標を持って成長できる。そのためにも健康でいなければならない」と説いた。

 最後には自らの特技とするコーラの早飲みを披露して聴衆を沸かせた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年12月8日付
一関・平泉
2019年12月8日付
一関・平泉
2019年12月8日付
一関・平泉
2019年12月8日付
一関・平泉
2019年12月8日付