県内外

全国での活躍誓う ラグビー/サッカー/駅伝 4高校主将ら教育長表敬【岩手】

佐藤教育長を表敬し全国での活躍を誓う(右から)鈴木主将、阿部主将、佐々木主将、川仁主将、菊池主将

 高校ラグビー、サッカー、駅伝の各全国大会に出場する県内4校の主将らが12日、県庁を訪問し、県教委の佐藤博教育長に活躍を誓った。

 訪問したのは、第99回全国高校ラグビーフットボール大会(27日開幕、東大阪市花園ラグビー場ほか)出場の黒沢尻工、第98回全校高校サッカー選手権大会(30日開幕、埼玉スタジアム2002ほか)と第28回全日本高校女子サッカー選手権大会(1月3日開幕、兵庫県・三木総合防災公園ほか)に出場する専大北上、男子第70回・女子第31回全国高校駅伝競走大会(12月22日、京都市)出場の一関学院と盛岡誠桜の各主将や監督、校長ら14人。

 黒沢尻工は同校創立80周年の節目にあたる出場で、鈴木虎鉄主将(3年)は「持ち味を全て発揮し、黒沢尻工業の名を全国にとどろかせたい」と決意。初出場の専大北上・男子の阿部柊斗主将(同)は「1年を通じてボールを大事につなげることをテーマに練習してきた成果を全国の舞台で発揮したい」、4年連続4回目の出場となる同・女子の佐々木玲樺主将(同)は「堂々とプレーし受け身にならずにチーム全員で勝利を目指す」と力を込めた。

 一関学院の川仁稜平主将(同)は「8位入賞、2時間4分台を目標に1年間活動してきた。本番ではベストを尽くし目標を達成できるよう残り10日でしっかり準備する」、盛岡誠桜の菊池留梨主将(同)は「最高の走りをするため今まで練習を積み上げてきた。過去最高順位の13位を上回る8位入賞を目指す」と決意した。

 佐藤教育長は「私のみならず多くの県民が皆さんの活躍を期待している。練習の成果を思う存分発揮してきてほしい」とエールを送った。

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年1月27日付
県内外
2020年1月27日付
県内外
2020年1月27日付
県内外
2020年1月27日付
県内外
2020年1月27日付