奥州・金ケ崎

図書館舞台に謎解き 平谷美樹さん 館内限定書き下ろし小説【金ケ崎】

金ケ崎町立図書館内限定で読める平谷さんの図書館小説「ナイト・ライブラリー」

 金ケ崎町西根西地蔵野の同町立図書館内限定で読める小説家平谷美樹さん(同町)書き下ろしの「図書館小説」の3作目が公開されている。今年の作品「ナイト・ライブラリー」は、同図書館も舞台設定に取り入れた少年の成長物語。これまでの図書館小説では最長の分量で人気を呼んでいる。26日まで。

 小説はパネル16枚で公開。恐がりで本嫌いの少年が夜の図書館での謎解きイベントに参加し、友情や本の楽しさに触れる―という粗筋。主人公らが挑戦する謎解きには同館ならではの要素が盛り込まれ、館内限定作品としての魅力を一層強めている。

 平谷さん(59)は1999年に「エンデュミオンエンデュミオン」でデビュー。「エリ・エリ」で第1回小松左京賞、「風の王国」シリーズで第3回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受け、歴史からSFまで幅広い娯楽作品を手掛ける。

 図書館小説は平谷さんの企画展をきっかけに、町に文化を育てたいという構想から2017年にスタート。全国的にも珍しい取り組みとして定着しつつある。

 11月には今作を基にした謎解きイベントも館内で開かれ、好評を博した。同館は「図書館小説の認知度も高まってきた。期間限定の作品を1人でも多くの人に読んでほしい」と呼び掛けている。

 開館時間は午前10時~午後6時。月曜休館。問い合わせは同館=0197(41)1900=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年8月5日付
奥州・金ケ崎
2020年8月5日付
奥州・金ケ崎
2020年8月5日付
奥州・金ケ崎
2020年8月5日付
奥州・金ケ崎
2020年8月5日付