花巻

面白競技で地域交流 東和 六本木キッズパーク【花巻】

子供たちがさまざまな遊びを体験した「六本木キッズパーク」

 花巻市の東和町の世代間交流イベント「六本木キッズパーク」は21日、同町安俵の東和総合福祉センターで開かれた。子供たちがユニークな種目で競う「チャレンジランキング」を通し、楽しく地域のお父さん、お母さんらと交流を深めた。

 スマートフォンやパソコンなどを介さない体験と遊びの世界を通し、児童らに達成感や古里への愛着を持ってもらうのが狙い。会場には箸でつまんだ豆を別皿に移す「豆つまみ」や、膨らませた風船に洗濯ばさみを付ける「ドッキリ風船」などユニークな10種目が用意された。

 このうち「空き缶積み」は、空き缶を1分間に縦に何個重ねられるかを競う種目。慎重に10個ほど重ねる子がいる一方、3~4個積んでは何回も崩す子もおり、周囲の保護者から笑い声や応援の声が上がっていた。

 競技終了後は地元の人気店「カレーだJ」協力の昼食で一休みし、表彰式や記念写真撮影を行うなどして閉会。母親らと参加した東和小1年の佐々木陸也君(7)は「楽しそうだと思って参加した。『豆つまみ』は難しかったけど面白かった。カレーもおいしかった」と笑顔で振り返っていた。

 イベント主催は同町の六本木公民館。児童の参加を募ることでその保護者が実行委員会に参画し、運営に当たる住民との世代間交流促進を目指す。実行委では同シリーズイベントを「六本木モデル」と名付け、体験イベントを軸にした長期的地域づくりにつなげようと構想している。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年1月29日付
花巻
2020年1月29日付
花巻
2020年1月29日付
花巻
2020年1月29日付
花巻
2020年1月28日付