一関・平泉

全国高校バスケ開幕 一関工きょう初戦

県大会で3年連続3度目の優勝を飾った男子の一関工

 【東京・岩渕央】第72回全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)は23日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザなどで開幕した。初日は男女の1回戦が行われ、本県女子代表の盛岡白百合(7年ぶり22度目出場)は桐生市立商(群馬・4年ぶり3度目出場)に68―89で敗れ、初戦突破はならなかった。【8面に関連】

 大会期間は29日までで、同プラザとエスフォルタアリーナ八王子(東京都八王子市)を会場に熱戦を繰り広げる。今大会から出場枠を男女各50チームから、各60チームに拡大。24日は両会場で男子の残り1回戦と女子の2回戦が行われる。

 本県男子代表の一関工(3年連続3度目出場)は1回戦で初出場の鳥取城北(鳥取)と対戦し、全国初勝利を目指す。会場は同プラザで、試合開始は午後0時20分。勝てば県勢男子として3年ぶりの初戦突破となる。

momottoメモ

勝利への渇望
ウインターカップ 一関工3度目の挑戦

23日に東京都で開幕する第72回全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)に、本県男子代表の一関工が挑む。県内で盤石の強さを誇るチームだが、全国大会ではいまだに白星を挙げられていない。選手たちは初の全国勝利を目指し、3年連続3度目の冬舞台へと乗り込む。

▲(上)全国の壁、「積極果敢」に
▲(下)攻撃力磨き高みへ一丸

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年2月26日付
一関・平泉
2020年2月26日付
一関・平泉
2020年2月26日付
一関・平泉
2020年2月26日付
一関・平泉
2020年2月26日付