花巻

社員の婚活後押し カップル誕生、滑り出し順調 建設業協支部【花巻】

写真で初の婚活支援パーティーを振り返る菅原支部長(中央)と松坂代表(左)、小原副支部長

 県建設業協会花巻支部(菅原陽一支部長)は2019年、会員事業所の独身者を支援する「婚活支援事業」に取り組んだ。建設業界の人材定着、確保を図る目的で初めて企画したもので今秋、県内有数の男女マッチング実績がある花巻市東和町のNPO法人おせっ会(松坂末広代表)による婚活パーティーを開催。交際カップル誕生をはじめ成果が上がっており、県協会など関係機関も動向を注視している。

 同支部では今夏、働き盛りの男性独身者に対し「各社の大事な幹部候補生。業界として何とかしてあげたい」と同支援事業を立ち上げた。各社で参加を呼び掛けたところ、10社から20~40代の11人の手が挙がった。会員数の多さで定評があるパンジークラブからは女性15人が参加し、9月29日に県内でイベントが開催された。

 パーティーから約3カ月の時点でお見合い8組、食事デート2組、仮交際1組のカップルが誕生。ひとまず順調な滑り出しに、菅原支部長(69)は「どこの事業所にも『いい仕事するし、いい男なんだけどなあ』という社員がいる。各社共通の悩みだけに、今回の取り組みは県協会も注目している。何とか成果が出てもらいたい」と期待を込める。

 初企画のイベントをコーディネートした松坂代表(66)は「業界としてバックアップする姿勢が素晴らしい。建設業は女性から見た条件やイメージが良い。せっかく各地に拠点がある建設業協会なのだから、各支部合同で行えば一層結果が出せるのではないか」と指摘。より多くの参加者募集、定期的パーティー開催の提案に、同支部の小原久一副支部長(64)も「こういった活動は業界として目玉の一つになり得る。参加男性は経験が積めたはずで、来年以降も取り組んでいいのではないか」と賛意を示す。

 同法人は14~17年の本県成婚実績で4年連続1位をうたい、出会いの機会を増やす各種パーティー開催などに積極的に取り組んでいる。松坂代表によると、法人設立以来の成婚数は135組に上り、今年も20組がゴールインしているという。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年2月29日付
花巻
2020年2月29日付
花巻
2020年2月29日付
花巻
2020年2月29日付
花巻
2020年2月29日付