奥州・金ケ崎

止め、はね、払い 要点しっかり 暁学園 親子書初会【奥州】

年の始めに園児らが真剣な表情で「ふじ山」を書き上げた暁学園親子書初会

 奥州市江刺愛宕の暁学園(有馬暁山園長、園児100人)で3日、親子書初会が開かれた。5歳児19人と保護者らが年の始めに真剣な表情で筆を執り、「ふじ山」の文字を書き上げた。

 有馬園長が一字一字手本を示し、要点を指導。園児らは止めやはね、払い、文字の位置などに気を付けながら、力強い筆遣いで作品を仕上げた。菊池悠仁ちゃん(5)は「楽しかった」と笑顔の一方で、「『じ』が難しかった」と感想を語った。父親の忠芳さん(45)=同市水沢=は「筆を持つのは30年ぶり。少し緊張して思ったようには書けなかった」と苦笑いしていた。

 同園では冷静沈着な心情や正しい文字意識の高揚を図る目的で、5歳児の保育の中で文字、毛筆を指導。作品は17~22日に、同市江刺のサンエー内で展示し、19日午前10時からは同所で表彰式が行われる。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年11月28日付
奥州・金ケ崎
2020年11月28日付
奥州・金ケ崎
2020年11月28日付
奥州・金ケ崎
2020年11月28日付
奥州・金ケ崎
2020年11月28日付