奥州・金ケ崎

絵札目掛けダッシュ 黒石親子ジャンボかるた【奥州】

子供たちの奮闘が会場を沸かせた黒石親子ジャンボかるた大会

 第32回黒石親子ジャンボかるた大会の競技部門は4日、奥州市水沢の黒石小学校体育館で開かれた。同校親子に加え、2019年度「みずさわエコキッズ」の児童らも参加し、手作りの特大絵札獲得へ元気いっぱい会場を駆けた。

 同校区子ども会育成会連合会と黒石地区振興会が主催。競技部門に使用するかるたは地区内各子ども会で地域の題材や旬の話題などをテーマに製作し、19年12月の審査で最優秀賞など各賞を決定した。

 競技部門は当初予定のグラウンドから屋内に変更して行われ、児童36人と保護者らが参加。読み札が読み上げられると勢いよく駆け出し、絵札に向かって飛び込む子もいた。札を取った人には木のメダルが贈られた。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年2月26日付
奥州・金ケ崎
2020年2月26日付
奥州・金ケ崎
2020年2月26日付
奥州・金ケ崎
2020年2月26日付
奥州・金ケ崎
2020年2月26日付