県内外

目標を立て充実した1年に 経済同友会新年祝賀交歓会【岩手】

新年祝賀交歓会で年頭のあいさつをする高橋代表幹事

 岩手経済同友会(高橋真裕代表幹事)の新年祝賀交歓会は8日、盛岡市内のホテルで開かれた。会員、来賓ら約200人が参加し、今夏の東京五輪などによる経済効果に期待を寄せつつ今年1年の飛躍を誓った。

 高橋代表幹事は「オリンピック、パラリンピックに向けてアスリートたちがラストスパートをかけている。経営を担う私どもも負けずにしっかりとした目標を立て、私たちにしかできない仕事を成し遂げ、新しい価値の創造に挑戦するため継続力、忍耐力、気力を持って充実した1年にしよう」と呼び掛けた。

 来賓の達増拓也知事、県市長会長の谷藤裕明盛岡市長による祝辞後、参加者がテーブルごとに新年の抱負をスピーチするなどして情報交換した。

 席上、同経済同友会が昨秋の台風19号で大きな被害を受けた三陸鉄道の鉄路復旧に活用してもらうため、高橋代表幹事から中村一郎同社社長に10万円の目録が贈られた。

 開会に先立つ恒例のニューイヤーコンサートでは、伊保内高校郷土芸能委員会が地域に伝わる江刺家神楽を熱演し、盛んな拍手を受けた。

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年1月20日付
県内外
2020年1月20日付
県内外
2020年1月20日付
県内外
2020年1月20日付
県内外
2020年1月20日付