花巻

飾り付けに一工夫 つるし雛体験コーナー 新花巻駅

駅待合室に不思議な空間をつくり出している「つるし雛ミラールーム」

 花巻市石鳥谷町の「八日市つるし雛(びな)」で観光客を歓迎する体験コーナーが16日、同市矢沢のJR新花巻駅待合室に設置された。六角形のミラールーム内につるし雛が設置され、内部に入ると華やかな雰囲気に取り囲まれる設計。設置初日から多くの駅利用者が訪れ、記念写真を撮るなどして楽しんでいる。3月3日まで。

 市内関係団体が合同で観光客を迎える狙いのコーナーで、花巻観光協会が主催。設置初日は同協会員ら14人が横断幕を掲げて駅利用者を出迎え、ジュースやクリアファイル、花巻温泉郷日帰り入浴割引券などが入った記念品配布も行われた。

 ミラールームは高さ約2メートルで、内部と周辺につるし飾り12基を設置。壁面鏡張りの室内に入ると、同市石鳥谷町に毎年多くの観光客を集める「八日市つるし雛まつり」に取り囲まれ、イベントが体感できる仕組みになっている。

 設置初日は物珍しさも手伝い、多くの人がコーナーを見物。新潟県五泉市から夫婦で花巻観光に訪れたという片原裕美さん(67)は「これほど手の込んだ飾り付けは初めてで、東北の方の気持ちが入っているのが分かる。すごく立派」と感心の面持ち。同協会の伊藤拳誘客担当主任は「華やかな花巻を見に来ていただければうれしい。今後もいろいろな団体と協力し、花巻のイベントを紹介していきたい」とPRしている。

 コーナーは午前9時~午後5時30分。

 問い合わせは同協会=0198(29)4522=まで。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年11月28日付
花巻
2020年11月28日付
花巻
2020年11月28日付
花巻
2020年11月28日付
花巻
2020年11月28日付