北上・西和賀

スタジオ・アンダーパス! 歌とダンス息合わせ【北上】

スタジオ・アンダーパス発表会のオープニングでダンスを披露する受講生ら

 北上市諏訪町を拠点に活動する「スタジオ・アンダーパス!」の第2回発表会は26日夜、市文化交流センターさくらホールで開かれた。子供から大人までの受講生がダンスと歌で盛り上げ、一体感あふれるステージを見せた。

 同スタジオは同市の音楽ユニット・アンダーパス!の後藤雅弘さんと美香さん夫妻が2017年10月に開所し19年に矢巾、大槌の両教室も開設した。今回は初の3教室合同発表会となり、キッズヒップホップダンス、ポップスボーカルの各コース5歳から50代までの受講生ら合わせて約80人が出演。光と映像を交えた独特の舞台演出で22演目を発表し、約300人が来場した。

 ダンスコースの受講生全員の出演でオープニングを飾り、インストラクターの菊池由輝さんもプロのキレキレのダンスを披露。レベルや教室ごとにレッスンで磨いてきた成果を発表し、ステージいっぱいに躍動感ある動きを見せていた。

 ボーカルコースのメンバーも張りのある歌声を披露。後藤さん夫妻もオリジナル曲を歌って盛り上げ、最後は出演者全員によるパフォーマンスで締め大きな拍手が送られた。

 ダンスの中級に出演した三浦唯斗君(黒沢尻東小学校4年)は「初の舞台ですごく緊張したけど、うまくできた。もっと頑張って練習し、来年はもっと上のクラスに出たい」と目を輝かせ、ボーカルで登壇した小野寺美春さん(28)=奥州市水沢=は「全てをぶつけることができた。夫妻はいつも笑顔で教えてくれる。来年は今年以上のステージにしたい」と笑顔を見せた。

 後藤雅弘さんは「年齢やレベルを問わずみんな楽しんで力を出し切り、会場一体で作り上げることができた。この輪を広げ、内陸と沿岸をつないでいければ」と思いを語った。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年2月28日付
北上・西和賀
2020年2月28日付
北上・西和賀
2020年2月28日付
北上・西和賀
2020年2月28日付
北上・西和賀
2020年2月28日付