県内外

バレンタインにいかが 新ショコラ 三鉄発売【岩手】

久慈ありすのオリジナルショコラ。久慈地方の山ブドウピューレを使用したチーズケーキに仕上げた
釜石まなのオリジナルショコラ。チョコレートの風味豊かなカステラとなっている

 県などの第三セクター三陸鉄道(宮古市)は、バレンタイン企画として、同社で働く女性をイメージしたキャラクター「久慈ありす」と「釜石まな」のオリジナルショコラを発売する。1日から同社のオンラインショップなどで予約を受け付ける。

 久慈ありすのショコラは、久慈市の菓子店沢菊のチーズケーキ。ふわっとした口溶けのスポンジとさっぱりとしたクリームチーズの間に久慈地方の山ブドウを使用したピューレを挟み、爽やかな味わいに仕上げている。価格は3000円(税、送料込み)で、オンラインショップで限定100個販売する。

 釜石まなのショコラは、釜石市のアンジェリック洋菓子店のチョコバターカステラ。チョコレートの風味豊かでしっとりとした甘さ控えめなスイーツとなっている。価格は3000円(同)、オンラインショップで100個を取り扱うほか、三陸鉄道直営店の「さんてつや」(釜石市)で10個を店頭販売する。店頭価格は税込み2000円。

 いずれも各キャラクターの三陸鉄道バレンタインバージョンカードと、台風19号支援イラストの久慈ありすの特別カードが特典として付属する。

 予約は1日からオンライン、さんてつやで受け付ける。商品の引き渡しは同店が11日以降、オンラインショップは10日以降の発送となる。三陸鉄道物産担当は「全国的にファンがおり、昨年は1週間ほどで完売した。希望する場合は早めの予約をお願いしたい」としている。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年12月6日付
県内外
2020年12月6日付
県内外
2020年12月6日付
県内外
2020年12月6日付
県内外
2020年12月6日付