奥州・金ケ崎

感謝の思い隠し味に 水沢一高調理科3年 家族ら招き食事会【奥州】

生徒による懐石料理で保護者に感謝の気持ちを伝えた水沢一高調理科の食事会

 水沢第一高校(伊藤勝校長、生徒352人)の調理科の3年生は13日、奥州市水沢の同校で保護者や家族らを招いた食事会を開いた。同科で学んだ技術をつぎ込んだ懐石料理でのおもてなしを通し、生徒が卒業を前に感謝の思いを伝えた。

 同科(95人)の恒例行事で、今回は3年生36人が保護者ら53人を招待。同科の和食講師岩渕博音さん(食事処ひたか亭)の監修で、魚介類のお造りや茶わん蒸しなど8品からなる膳を仕上げて提供した。

 3年間で上達し調理が速くなったという生徒たち。保護者らに給仕し、彩り豊かな膳を味わってもらった。学校生活の様子を撮影した写真もスライドで上映。作業の合間に親の元に駆け寄る生徒もおり、触れ合いの時間を過ごしていた。味について生徒代表が問い掛けると、保護者らからは大きな拍手が上がった。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年7月8日付
奥州・金ケ崎
2020年7月8日付
奥州・金ケ崎
2020年7月8日付
奥州・金ケ崎
2020年7月8日付
奥州・金ケ崎
2020年7月8日付