北上・西和賀

“難コース”たすきつなぐ スノーフィールドチャレンジリレー 66チーム力走【北上】

スノーフィールド・チャレンジリレーで懸命な走りを見せる子供たち

 第2回スノーフィールド・チャレンジリレー(北上市体育協会主催)は9日、同市相去町の北上総合運動公園で開かれた。小中学生や友人、家族などで組んだ66チームが雪の積もった園内コースを周回。障害物を乗り越えながら必死になってたすきをつないだ。

 部門は小学生をはじめ、高校生以上の友人やクラブ、職場の仲間などで組んだフレンズ、中学生、一家族か複数家族で組んだファミリーの四つ。1周700メートルを10周するコースを、1チーム3~10人編成の選手がたすきリレーした。

 厳しい寒さの中で雪道を走るだけでも大変だが、コースの途中には傾斜のある雪山やタイヤが並ぶゾーン、ハードルやコーンが行く手を阻む障害物が設けられ、選手たちを苦しめた。

 それでも雪に足を取られて転ぶ子供や、前を走る選手を一気に抜き去る大人など“名場面”が満載。障害物をクリアしながらの懸命な走りに、駆け付けた父母や仲間からは「ほら頑張れ」「行け、行け」といった熱い声援が送られた。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年12月4日付
北上・西和賀
2020年12月4日付
北上・西和賀
2020年12月4日付
北上・西和賀
2020年12月4日付
北上・西和賀
2020年12月3日付