県内外

山西初V、高橋3位 女子の岡田6連覇 20キロ競歩

 陸上の東京五輪代表選考会を兼ねる日本選手権20キロ競歩は16日、神戸市の六甲アイランド甲南大西側コースで行われ、女子は岡田久美子(ビックカメラ)が1時間29分56秒で6連覇を果たし、日本陸連が定めた選考基準を満たして五輪代表に決まった。2大会連続の代表入り。

 男子は東京五輪代表の山西利和(愛知製鋼)が1時間17分36秒で初優勝。池田向希(東洋大)が1時間19分7秒で2位となり、五輪代表の有力候補となった。6連覇を狙った高橋英輝(花巻北高―岩手大―富士通)は3位だった。

高橋の警告数を掲示ミス

 男子で先頭争いを演じていた高橋の歩型違反の警告数が、掲示板に誤って1回分多く表示されるミスがあった。

 高橋は4キロ手前で最初の警告を受けた。8キロ手前から本来なかった警告が掲示されてしまい、15~16キロでまた一つ警告が加えられた。16~17キロで審判員が間違いに気付き、警告2回に訂正された。

 警告を3回受けると、ペナルティーゾーンで2分間待機しなければならない。高橋は3回分が誤って掲示された際には審判員に誘導されなかったため同ゾーンに入らなかったが、「混乱しながら歩いていた」という。

 審判員の藤崎明主任は、競技役員間で警告数の情報伝達が不十分だったと認め、「心理的な負担をかけたことは間違いない」と述べた。

 今回は東京五輪でも歩型違反をチェックする審判員数人が配置された。18キロすぎに3回目の警告を受け、ペナルティーゾーンに入った高橋は「自分のフォームに原因がある」と話した。【時事】

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年4月9日付
県内外
2020年4月9日付
県内外
2020年4月9日付
県内外
2020年4月9日付
県内外
2020年4月9日付