花巻

礼儀作法しっかり 児童が茶道でおもてなし【花巻】

家族や客に茶をもてなす花巻こども茶の湯教室の児童

 花巻こども茶の湯教室の茶会体験は15日、花巻市若葉町の市文化会館で行われ、茶道を学んだ児童が伝統の礼儀作法で家族や地域住民らをもてなした。

 同教室は、文化庁の伝統文化こども教室として2009~11年度に行われた事業を引き継ぎ、茶道裏千家花巻地区伝統文化こども教室実行委員会(梅原宗保委員長)が毎年主催、花巻学童クラブが協力している。19年度は若葉小学校の1~6年生17人が昨年6月から14回開かれた教室で礼儀や盆略・薄茶の点前、立礼などを学んだ。

 同日は稽古の締めくくりとして保護者や同校教職員、お世話になっている地域の人ら37人を招待し、5、6年生が薄茶点前を披露。1~4年生が客前に運び、「どうぞお召し上がりください」と両手をついて勧めた。子供たちは「少し緊張したけど、しっかりお茶をたてられた」「練習の時より上手に運べた」「1年間やってきて良かった」などそれぞれ感想を発表した。

 児童一人ひとりに奨励証を手渡した梅原委員長は「きょうを目標に勉強し成長してきた。稽古とは違う貴重な体験を子供たちも励げみにしており、皆さんに褒めもらうことで嬉しくなると思う」と話していた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年9月21日付
花巻
2020年9月21日付
花巻
2020年9月21日付
花巻
2020年9月21日付
花巻
2020年9月21日付