奥州・金ケ崎

佐藤さん夫妻へ記念品 入湯者90万人に 駒子の湯【金ケ崎】

90万人の入湯利用を記念して花束を受け取る佐藤さん夫妻

 金ケ崎町西根和光の金ケ崎温泉駒子の湯は17日、入湯利用者が90万人に達した。節目の利用者として、北上市下江釣子の自営業佐藤収さん(61)、三恵さん(61)夫妻に同温泉の1カ月フリーパス入浴券が贈られた。

 同日午前に訪れた2人は従業員らに拍手で迎えられ、やや驚いた様子。同温泉を指定管理する金ケ崎福祉フロンティアの後藤幸夫代表取締役から花束と入浴券を受け取った。2人は前身の「寿の湯」時代から利用しているといい、収さんは「湯の質が良く湯当たりしないところが好き」、三恵さんは「本当に(節目に)当たることがあるんですね」と話していた。

 同温泉は「寿の湯」から改称し、2006年から第三セクターの同社が運営。入湯利用者は19年7月に85万人を達成していた。後藤代表取締役は「おかげさまで利用は順調に推移している。吹雪では人が来ないこともあるため、暖冬は救いだった。町内外の方々から愛されているのを感じる。今後も普段使いの温泉として、来て楽しかったと思ってもらえるようスタッフ一同で良質なサービスを提供したい」としている。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年4月2日付
奥州・金ケ崎
2020年4月2日付
奥州・金ケ崎
2020年4月2日付
奥州・金ケ崎
2020年4月2日付
奥州・金ケ崎
2020年4月2日付