北上・西和賀

伝統芸能“裏側”体験 公開イベントでPR 行山流口内鹿踊【北上】

公開イベントで鹿踊の装束を身に着ける参加者

 北上市の民俗芸能団体・行山流口内鹿踊(ししおどり)は22日、「鹿踊、オフシーズンの過ごし方」をテーマとした公開イベントを、同市口内町の口内地区交流センターで開いた。民俗芸能を身近に感じてもらう企画の一環で、県内外から集まった参加者は鹿踊の特徴的な装束である「ササラ」の張り替え作業や装束の着付けなどの体験を通して伝統芸能に理解を深めた。

 高齢化や後継者難など民俗芸能団体を取り巻く課題に危機感を抱いた同団体が、民俗芸能への関心を高めてもらおうと体験を中心としたワークショップを2019年にスタートした。

 20年最初のイベントとなる同日は、秋田、山形、埼玉などを含め県内外からさまざまな年代の男女13人が参加。オフシーズンを生かして関係者が指導役となり、汚れ、破損に伴って行うササラの張り替え作業やばち作り、装束の着付けなどにチャレンジした。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年9月19日付
北上・西和賀
2020年9月19日付
北上・西和賀
2020年9月19日付
北上・西和賀
2020年9月19日付
北上・西和賀
2020年9月19日付