花巻

古民家再生集いの場 やなのうえプロジェクト 地域づくり活動本格スタート【花巻】

「やなのうえプロジェクト」で改装された蔵の2階。和風調度品が置かれた室内は広く、落ち着いた雰囲気

 花巻市東和町で取り組まれている古民家再生を核とした地域づくり「やなのうえプロジェクト」が今春、本格始動する。リノベーション(遊休不動産を活用し交流人口拡大や雇用創出を図る)の発想をベースに進められてきた改装が一段落し、広く利用受け付けを開始。同プロジェクト主人の髙橋典人さん(59)は「あれもこれもではなく『ここにしかない』という物を提供していきたい」と意気込む。

 同プロジェクトでは「みんなが集う大人のほっこり場所」をキーワードに、2018年から、同町小友にある築約100年の古民家と付属建物を改修。母屋(木造一部2階建て7LDK)整備や蔵(2階建て)の清掃・調度品設置に取り組み、イベントや会議開催、バーベキューやピザ焼き体験といった用途に利用可能な空間に整えた。

 8日は、同プロジェクトとの協働を図る「東和農旅」スタッフと髙橋さん、東京都武蔵村山市のNEWビジネス研究所の天野良英所長(63)が研修会を開催。天野所長は、建物が猿ケ石川を間近に望む好立地であること、プロジェクト名にもうたわれている梁(やな)(魚類を捕獲するため河川に設置する仕掛け)などで地域の歴史を紹介する意義を伝え「SNS(インターネット交流サイト)などの利用に長けている世代から発信してもらう仕掛けを考えるといい」「川の体験から癒やしをもらえる、というコンセプトは売りにできる」とアドバイスを送っていた。

 本格始動により、建物は火―金曜の午後6時30分~8時の営業をスタート。土日、月曜も事前予約で対応可能。同プロジェクトでは、蔵には流しやトイレがないことから、ごみは持ち帰るよう呼び掛けている。利用申し込みや問い合わせは、午前9時~午後6時に髙橋さん=090(3366)6151=まで。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年7月3日付
花巻
2020年7月3日付
花巻
2020年7月3日付
花巻
2020年7月3日付
花巻
2020年7月3日付