一関・平泉

図書館に春到来 藤沢企画展 黄色の本50冊紹介【一関】

藤沢図書館で開かれている「黄色の本―Yellow bооks」

 一関市藤沢町の藤沢図書館(千葉松男館長)で、企画展「黄色の本―Yellow bооks」が開かれている。2階の中高生向けYA(ヤングアダルト)コーナーに黄色い装丁の本ばかり約50冊を集め、表紙を見せて並べた。菜の花畑を想起させる粋な演出で、来館者に春の訪れを告げている。4月22日まで。

 同館では猛暑の昨夏に涼を呼ぶ青色の本、正月に干支(えと)にちなんだねずみ色の本を集めるなど、四季折々に書架を楽しく彩っている。昨春は鮮やかなピンク色を選び、今春は黄色。階段を上って正面のコーナーが目の覚めるような黄色で埋まり圧巻だ。

 絵本「わたしとあそんで」やミステリー小説「ひとつむぎの手」、案内書「美術館へ行こう」、料理本「力尽きレシピ」など、バラエティーに富んだ本を並べ、希望者に貸し出している。月曜日と26日は休館。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年4月6日付
一関・平泉
2020年4月6日付
一関・平泉
2020年4月6日付
一関・平泉
2020年4月6日付
一関・平泉
2020年4月6日付