一関・平泉

介護・子育て 福祉拠点開所へ 保育所併設、特養「クラリス」 関係者が完成祝う【一関】

特別養護老人ホーム「クラリス」で落成式の神事に臨む安東理事長(中央)ら関係者
一関市上大槻街に完成した特別養護老人ホーム「クラリス」(左)と併設の企業主導型保育所「クラリス保育所」

 社会福祉法人幸生会(安東光昭理事長)は、一関市上大槻街に特別養護老人ホーム「クラリス」と企業主導型保育所「クラリス保育所」を開所する。22日には落成式が行われ、関係者が中心市街地で福祉サービスを提供する施設の完成を祝い、快適な利用を願った。

 式はクラリスで行われ、同法人職員や施工業者ら約50人が出席。神事で安東理事長ら代表者が玉串をささげた。

 安東理事長は施工業者に感謝状を贈呈し、「事故なく本日を迎えられ感謝する。老人や子供たちの課題を解決するために環境を整備していくことが法人の使命の一つ。利用する方々へのサービスが建物を造っていただいた皆さんへの恩返しになる」とあいさつした。

 同法人は、奥州市胆沢で地域密着型特別養護老人ホーム「さくら」と短期入所生活介護を運営。介護をめぐる人材不足や待機者の増加といった課題の解消に向け、一関市での施設開所を決めた。場所はJR一ノ関駅や商店街に近い中心市街地。

 クラリスは鉄筋コンクリート5階建て、延べ床面積3739平方メートル。1階は事務室など、2~4階は入居スペースで、5階には地域住民向けの交流スペースを設け、災害時は避難所としても開放する。定員は特養50人、短期入所10人。利用候補者を絞り込み中で、4月1日から1日につき2人ぐらいずつ受け入れていく。

 特養に併設されたクラリス保育所は軽量鉄骨造平屋建て、床面積393・33平方メートル。定員はゼロ歳児から年長児までの30人。同法人職員や協定締結先企業、一般から利用を受け入れる。特養内と保育所前には赤い羽根共同募金に収益を寄付する自動販売機を設置した。

 31日には開所式が行われる。問い合わせはクラリス=0191(31)2088=、クラリス保育所=0191(34)8666=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年4月4日付
一関・平泉
2020年4月4日付
一関・平泉
2020年4月4日付
一関・平泉
2020年4月4日付
一関・平泉
2020年4月4日付