北上・西和賀

歌で楽しく感染予防 手作り手洗い動画制作 ユーチューブで公開 さくらホールと地元アーティスト【北上】

さくらホールが地元アーティストと協力して制作、公開している感染症予防動画「てあらい、うがいできるかな?」

 北上市文化交流センターさくらホールは、新型コロナウイルスの感染防止対策として動画「てあらい、うがいできるかな?」を制作し、動画サイトのユーチューブで公開を始めた。子供たちに歌を通じて感染を予防してもらうのが狙い。本県のアーティストが出演する手作りの動画で、「手洗いうがいを楽しんで」と活用を呼び掛けている。

 感染拡大を受け著名アーティストが衛生啓発動画を次々公開する中、身近な地元アーティストによる手作りの動画で親しみやすさをアピールしようと、同ホールの事業に関わるメゾソプラノ歌手菊池葉子さん(奥州市)が発案した。

 菊池さんは保育園や小中学校、病院に赴いて音楽を届けるアウトリーチ活動に取り組んでおり、感染症防止で公演が中止になったことを受け「地元のホールと一緒に地域に貢献できないか」と同ホールと共に動画制作に乗り出した。

 動画には村山尚子さん作詞・作曲の「てあらい、うがいできるかな?」を使用。指先や爪の間、手の甲など隅々まできれいに洗うことができる手洗い、うがいの基本が詰まった一曲で、ピアニスト名須川明子さん(北上市)の演奏と菊池さんの歌声に合わせて効果的な洗い方を実演した。同ホール職員が演出や編集を担当した。ユーチューブで公開中で、アーティストの知人や子供たちからは「面白い」と好評を得ているという。

 同ホールは「小さなお子さんにとって手洗いは面倒で面白くないものかもしれない。家庭で活用することで音楽を身近に感じながら楽しく洗ってもらえたらうれしい」としている。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年6月4日付
北上・西和賀
2020年6月4日付
北上・西和賀
2020年6月4日付
北上・西和賀
2020年6月3日付
北上・西和賀
2020年6月3日付