北上・西和賀

ネット通販サポート 代理で商品掲載、発送 市内事業者対象 北上・ウェブサービス業「ごえん」

 ウェブサービス事業を手掛けるごえん(北上市常盤台、江口大介社長)は、新型コロナウイルス感染拡大で影響を受けている市内の事業者を対象に、インターネット通販事業をサポートするサービスを始めた。ネットショップを自社で立ち上げるのが難しい事業者に代わりごえんがネットショップに商品を掲載し、事業者が注文品を発送する仕組み。同社はこの試みを通じ事業者と共に北上産品を売り込み、コロナ禍を乗り切りたい考えだ。

 全都道府県に緊急事態宣言が発令され、各店舗の売り上げが厳しさを増す半面、「巣ごもり需要」が高まっている状況。「ネットショップに興味を示しつつもノウハウや人員、資金面などで立ち上げられない事業者を手助けできれば」(同社)とサービスを企画した。

 各事業者、店舗の画像や商品情報をごえんがウェブ上に登録。商品が売れるとごえんから各事業者へ注文に関する連絡がいき、各事業者が顧客に商品を発送する。事業者にとっては最低限の手間で済む。

 手数料はシステム、決済関係で売り上げの10%。ごえんの小野寺貴紀本部長は「社としての利益はほとんどないが、サイトをいろいろな方々に見てもらい盛り上げていければ」と語る。

 参加基準は市内の事業者で▽冷凍食品以外▽2000円以上の商品▽パソコン、ネットワーク環境がある―など。現時点では洋菓子工房ケーキ屋shimizu(鍛冶町)、そば店神楽屋(和賀町岩崎)の市内2事業者が登録し、おやつ箱セットや菓子詰め合わせギフトを販売。この他にも問い合わせがあるという。

 サービス期間は7月末までだが、コロナの状況次第で延長もあり得るという。初回申し込みは先着10社。地元事業者を支援する趣旨から市内限定とする。

 小野寺本部長は「事業者にとって一つの手段として試してもらえれば。各事業所が勝負している商品をそろえたサイトにしていきたい」と話している。問い合わせはごえん=0197(72)6617(午前11時~午後7時、日曜休業)=、メールアドレスはinfo@goen‐inc.com

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年10月23日付
北上・西和賀
2020年10月23日付
北上・西和賀
2020年10月23日付
北上・西和賀
2020年10月23日付
北上・西和賀
2020年10月22日付