県内外

高速道GW割引除外 SA、PA テナント店に自粛要請 NEXCO東など

 新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、NEXCO東日本など高速道路関係の5社は、ゴールデンウイーク(GW、29日~5月6日)期間中、高速道の休日割引を適用しないと発表した。サービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)のテナント店にも営業自粛を要請し、都道府県をまたぐ不要不急の移動自粛につなげる。

 休日割引は、土日・祝日に自動料金収受システム(ETC)を利用する普通車や軽自動車などの通行料金が3割引きとなるサービス。本来は29日、5月2~6日に適用されるが、感染拡大防止につなげるため、適用除外を決定した。

 SA、PAでレストランや土産品販売を展開するテナントについては、GW期間の営業自粛を要請。各店舗の営業時間は、各社のホームページ(HP)などで周知する。物流業者の不便を解消するため、ガソリンスタンドやシャワー施設は通常通り営業する。

 このほか、高速道路上の情報板やSA、PAなどで都道府県をまたぐ移動の自粛をドライバーらに呼び掛ける。NEXCO東日本広報課は「不要不急の移動は極力避けてもらえるよう、皆さまに理解と協力をお願いしたい」としている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年6月7日付
県内外
2020年6月7日付
県内外
2020年6月7日付
県内外
2020年6月7日付
県内外
2020年6月7日付