北上・西和賀

いわて瞬感 大きな実に期待 リンゴの摘花作業【北上】

真っ白でかれんなリンゴの花を摘み取る作業に追われる農家真っ白でかれんなリンゴの花を摘み取る作業に追われる農家

 県南地方ではリンゴの開花が進み、白くかれんな花びらが園地を彩っている。満開となった畑には蜜を求めるハチが頻繁に飛び交い、農家らは豊作を願って摘花作業に汗を流している。

 このうち北上市黒岩の小原武雄さん(93)方では、約30アールの園地で「ふじ」を中心に8品種を栽培。今シーズンは平年並みの5月に入って開花した。大型連休明け最初の週末となった9日は、小原さんと妻マツさん(88)ら家族3人が、桃色がかったつぼみと真っ白な花びらを手で摘む作業に追われた。

 作業は今後1週間ほど続く見通しで、小原さんは「台風などの災害に見舞われることなく、色づきの良いおいしいリンゴがたくさん実ってほしい」と出来秋に期待する。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年6月6日付
北上・西和賀
2020年6月5日付
北上・西和賀
2020年6月5日付
北上・西和賀
2020年6月5日付
北上・西和賀
2020年6月5日付