県内外

日ごろの感謝 伝えよう きょう「母の日」 生花店 多彩な品ぞろえ

「母の日」に合わせて陳列されたカーネーション。新型コロナの影響が続く中でも母親に贈ろうと買い求める人が見られた=一関市駅前の「フラワーショップ花くらぶ」

 10日は「母の日」。一関地方の生花店などでは定番のカーネーションなどが売り出され、母親に日ごろの感謝を伝えようとする人たちが買い求めている。

 一関市駅前の「フラワーショップ花くらぶ」ではカーネーションをはじめ、アジサイ、ガーデニング用のラベンダーやマーガレットなどが人気。花束や鉢植え、アレンジメントなど多彩な品ぞろえで対応している。

 同店によると、今年は新型コロナウイルスの影響か、宅配便での注文が例年よりも増加。客が母親に宛てて花に添えるメッセージカードでは「コロナに気を付けて」などと気遣う言葉が目立つという。

 新型コロナをめぐって花卉(かき)業界9団体で構成する日本花き振興協議会は、感染予防のため店内の密集回避や業者の配送状況などを考慮し、5月の1カ月間を「母の月」と提案している。

 9日に同店を訪れた畠山翔太君(7)=南小学校2年=は「お母さんのため買いに来た」とカーネーションの鉢植えを選んだ。付き添いの祖母信子さん(68)は母の月について「いいと思う。母の日だけでなく花に親しみやすくなる」と歓迎していた。

 同店の野田栄子代表は「期間限定商品もあるが、母の日が過ぎてもお客さんの希望があればメッセージカードを付けたりしたい」と話している。

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年10月20日付
県内外
2020年10月20日付
県内外
2020年10月20日付
県内外
2020年10月20日付
県内外
2020年10月20日付