花巻

中小企業へ家賃一部補助 申請受け付け 花巻市、最大30万円

 花巻市は、新型コロナウイルス感染症で減収などの影響を受けている飲食業や宿泊業など市内の中小企業者への家賃補助を実施する。郵送と書類提出の方法で申請を受け付ける。

 補助対象は、小売業、飲食・宿泊業、生活関連サービス業のうち、前年同期比で売上高が4月に50%以上減少、5月に50%以上の減少が見込まれる市内の中小企業者。家賃(土地、建物を含む)は2分の1以内で10万円を上限に交付。県と折半し、家賃3カ月分(4~9月の連続する3カ月間)の最大30万円を補助する。

 市は、関係書類の郵送と書類持参の2種類で申請を受け付ける。書類持参の場合は、13日から同市大通りのなはんプラザ1階コムズホールで申請を受け付ける。新型コロナ感染防止の観点から完全予約制で実施する。土日を除いた22日まで開設し、時間は午前9時から午後4時まで。

 申請者指定の口座に最短5日程度で、3カ月分の補助額を一括で振り込む。

 申請書や前払い金請求書、賃貸約契約書など家賃が確認できる書類、4月または5月(見込み可)と昨年4、5月の売り上げが確認できる書類などを全て提出する。

 市ホームページから申請書や前払金請求書を入手できるほか、法人、個人事業主それぞれ準備する書類などの詳細を記載している。

 申請受け付けの予約は市商工労政課=0198(41)3534=へ。

持続化給付金 相談窓口を開設 あすから

 花巻市は、13日に新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業所に対し、国が最大200万円を給付する持続化給付金の無料相談窓口を同市大通りのなはんプラザに開設する。12日からは同プラザに市税の徴収猶予に係る窓口を設け、事業者の相談に応じる。

 持続化給付金は、月間売上高が前年同月比で50%以上減少している事業者を対象に、国が個人事業主に100万円、法人事業主に200万円を上限に給付する。パソコンやスマートフォンなどの端末による電子申請で受け付けている。

 無料相談窓口は、手続きに不安のある事業主に相談、申請支援を行うため、花巻商工会議所が委託して実施する。同プラザコムズホールに開設し、期間は29日まで(土日を除く)で、時間は午前9時から午後4時まで。事前予約が必要で、同商議所で受け付けている。

 一方、市では新型コロナの影響を受ける市民に対する市税の徴収猶予の特例制度、事業主への2021年度固定資産税の軽減措置などに関する相談窓口を、同プラザ2階に設ける。開設時間は12日以降の平日の午前9時から午後5時まで。

 市税は市収納課、固定資産税は市資産税課が応じる。感染拡大防止のため可能な限り電話での相談、郵送による申請を呼び掛けている。

 持続化給付金の相談予約は同商議所=0198(23)3381=まで。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年6月6日付
花巻
2020年6月6日付
花巻
2020年6月6日付
花巻
2020年6月6日付
花巻
2020年6月6日付