県内外

高濃度アルコール製造 消毒液供給不足に対応 釜石・浜千鳥【岩手】

消毒液の代替品として浜千鳥が製造・販売する高濃度アルコール製品

 釜石市の酒造会社・浜千鳥(新里進代表取締役)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う消毒液の供給不足に対応し、高濃度アルコール製品の製造を新たに始めた。「浜千鳥ともづなスピリッツ65」として18日から出荷・販売する。

 手指消毒用エタノールの供給不足に伴う特例措置として、酒造会社が代替品の高濃度アルコール製品を製造できるようになった。同社は、製造に必要なスピリッツ製造免許を取得し、米焼酎「纜(ともづな)」の原酒(アルコール分40~42%)を再蒸留して製品(同65%)化した。

 参考小売価格は300ミリリットル入り990円、720ミリリットル入り2090円で、釜石大槌地区中心の県内酒類流通業者などに販売。地元の医療機関や高齢者介護施設には優先的に別ラベルで供給する。

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年10月23日付
県内外
2020年10月23日付
県内外
2020年10月23日付
県内外
2020年10月23日付
県内外
2020年10月23日付