北上・西和賀

発熱外来設置へ 時期や場所 関係機関と協議 北上市

 北上市は、新型コロナウイルス感染症への感染が疑わしい場合に検査する地域外来・検査センター(発熱外来)を設置する。かかりつけ医の診断で必要があれば同センターでPCR検査を受けてもらう。市は北上医師会などと協議し、早期設置を目指す。

 県は各圏域で発熱外来を設置する方針で、北上市もその一環。28日の市議会5月臨時会議に提出する2020年度一般会計補正予算案に、設置事業費2485万円を盛り込んだ。

 まずはかかりつけ医で診察を受けてもらい、新型コロナが疑わしい症状が見られた場合は同センターで検査する。センターの具体的な設置時期や場所、機能、人員等は今後、北上医師会や中部保健所、関係機関と協議。花巻市、遠野市とは別々に設置する方向という。

 北上市健康増進課は「先行導入している県内他市の事例を参考に、北上医師会などの考えを聞いた上で可能な限り早期に設置したい」と説明している。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年8月7日付
北上・西和賀
2020年8月7日付
北上・西和賀
2020年8月7日付
北上・西和賀
2020年8月7日付
北上・西和賀
2020年8月7日付