県内外

買って食べて古里応援 飲食や観光幅広く紹介 ポータルサイト開設【岩手】

「買うなら岩手のもの」総合サイトのトップページ。県内企業や店舗情報が手軽に検索できる

 ホームページ製作などを手掛ける「クリケット」(本社盛岡市、土樋由直代表)などは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で収入が落ち込んだ県内企業や生産者を応援する「買うなら岩手のもの」総合サイトを開設した。飲食店や観光施設をはじめ、幅広いジャンルの事業内容を紹介。位置情報を活用して閲覧者と事業者をつなぎ、地域経済の活性化につなげる。

 総合サイトは、県が主導する「買うなら岩手のもの運動~買って、食べて地域を元気に応援キャンペーン」の一環で開設。新型コロナの影響であらゆる業種が打撃を受ける中、岩手の店や生産者をPRすることで包括的に支援しようと、同社と県内外で活動するライターやカメラマン、イラストレーターらで製作委員会をつくり、ポータルサイトを立ち上げた。

 25日にオープン。県内の約90事業者が登録し、事業内容が分かる写真をはじめ、取り扱っている商品やサービス、連絡先、生産者の声などを掲載。閲覧者は市町村やジャンルなど、条件を絞って目当ての店や企業を手軽に検索。位置情報を活用することで、検索した場所から最寄りの飲食店や企業の情報も併せて表示される仕組みで、幅広い宣伝効果が期待される。

 随時、サイトに掲載する情報を募集。登録は無料。今後は岩手で活躍する人材の紹介や、移住・定住のための物件情報など、コンテンツも充実させる。土樋代表は「宣伝はお金も時間もかかるが、サイトを利用すれば簡単にPRできる。コロナの収束後も活用してもらい、消費を促すことができれば」としている。問い合わせは県産業経済交流課=019(629)5537=へ。サイトアドレスは次の通り。

https://katte-tabete-iwate.com/

 

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年7月5日付
県内外
2020年7月5日付
県内外
2020年7月5日付
県内外
2020年7月5日付
県内外
2020年7月5日付