北上・西和賀

花木繚乱 風薫る森に瀬音静か 北上・相去清水の森と湿地帯

 桜の季節は移ろい、初夏の緑色が豊かな風景をつくり出す。夏が過ぎれば、実りの秋、白銀の世界が広がる冬が訪れる。四季を通してさまざまな植物が多彩な表情を見せてくれる本県。地元の魅力が再発見できるような自然スポットや花木を紹介する。(随時掲載)

 地元住民らが散策を楽しむ北上市相去町の「相去清水の森と湿地帯」。古くからの豊富な湧き水によって、動植物が豊かな自然を形成している。杉の木などが立ち並ぶほか、段丘面にはコブシの銘木も。新緑の季節には一層趣深い景観を醸し、心を癒やしてくれる。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年7月6日付
北上・西和賀
2020年7月6日付
北上・西和賀
2020年7月6日付
北上・西和賀
2020年7月5日付
北上・西和賀
2020年7月5日付