一関・平泉

一関巡り 自転車で 市観光協 貸し出しサービスPR

緊急事態宣言が解除されたことで、徐々に利用が戻りつつあるレンタサイクル。観光案内所前に自転車を並べて事業をPRしている

 一関市観光協会(佐々木賢治会長)は、自転車の貸し出しサービス・レンタサイクル事業をPRしている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い4、5月の利用は前年同期の1割程度にとどまっているが、6月に入って徐々に増えつつある。今後は本格的な夏を迎えて需要が増すとみられ、同協会では新型コロナの影響で落ち込んだ市内観光を盛り上げるべく、同事業についても広くアピールしていく。

 JR一ノ関駅西口の一関観光案内所を訪れた観光客から貸自転車の有無に関する問い合わせが多かったことをきっかけに、市内を巡る手軽なサービスとして2014年度に導入した。

 当初は年間200件台の利用だったが徐々に伸び、19年度の利用は353件だった。特に春と秋の利用が多いが、雪の日以外は通年で需要がある。観光客の利用では、一ノ関駅周辺の商店街などのほか厳美方面や平泉まで足を延ばすケースもあるという。

 しかし、今年に入ってからは新型コロナの影響で観光客が激減。同協会でも緊急事態宣言に伴い、同案内所を一時閉鎖する措置を取ったこともあり、レンタサイクルも4、5月の2カ月間での利用は12件と、前年同期の77件に比べて15%にとどまっている。

 緊急事態宣言が解除されたことで観光客は少しずつ戻ってきており、レンタサイクルも6月は10日までに6件の利用があった。ただ、利用者は市内、県内から訪れた人がほとんどという。

 同協会では観光案内所前に自転車を並べて事業をPRしており「これから爽やかな季節になるので、市内の観光地を自転車で巡って楽しんでほしい」としている。

 自転車は5台用意しており、料金は1日500円か1時間300円。利用時間は午前9時~午後5時。問い合わせは同協会=0191(23)0066=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年7月10日付
一関・平泉
2020年7月10日付
一関・平泉
2020年7月10日付
一関・平泉
2020年7月10日付
一関・平泉
2020年7月10日付