花巻

資源余すことなく 廃棄素材から商品開発 「ATARA」プロジェクト【花巻】

ドレッシングなど花巻発「ATARA」ブランドの商品

 資源循環や環境修復などの事業を展開するリマテック東北(本社大船渡市)の花巻ラボ(花巻市二枚橋)開発の「ATARA」ブランド商品が、食品ロス削減や地域資源有効活用につながる岩手発の取り組みとして注目を集めている。ATARAのキーワードは「もったいないものを 余すことなく使うものづくり」。通常は廃棄される素材をドレッシングやクッキー、ルームスプレーといった魅力あふれる品に変え、再資源化を通じた新しい経済的価値創出の在り方を提案している。

 ATARAプロジェクトでプロデューサーを務める野村朋員さん(48)や花巻ラボスタッフを中心に企画が持ち上がり、2018年に同社プロジェクトが始動。立派な物が価値相応に扱われず残念という感情を示すという「あたら」のブランド名に、同社が将来像として掲げる「もったいない状態の原料も、一つの資源として当たり前になっている社会」の理念を込め、開発が進められた。

 約2年をかけて販売が実現したのは、ジュースを搾った後の果実かすを利用したルームスプレー、豆腐製造過程で産生するおからを原料としたクッキー、おから蒸留水を使ったドレッシング。いずれも地元農家や事業者との協働で試作、製品化にこぎ着けた逸品といい、商品として安定供給できれば農家などの収入アップが期待できる。野村さんは「『原料を余すことなく大切に使う』は日本で古くから継承されてきた価値観だが、商品化は皆さんの協力なしでは実現できなかった。手に取ってATARAの取り組みを知り、岩手をアピールする商品として、土産物などに活用してもらえたら」と望む。

 各商品は同市のマルカンビル、盛岡市のおでんせ館5858(こやこや)、ATARAオンラインショップで購入可能。レモン、ごま風味のドレッシング770円(税込み)、チョコレート味など3種をパッケージしたクッキーセット1080円(同)、リンゴ、アロニアのルームスプレー1320円(同)。問い合わせは同社花巻ラボ=0198(41)3033=まで。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年7月16日付
花巻
2020年7月16日付
花巻
2020年7月16日付
花巻
2020年7月16日付
花巻
2020年7月16日付