北上・西和賀

新たな自分に期待 南小6年髙橋さん ヘアドネーション【北上】

幼少期から伸ばし、カットした髪を手にする髙橋美有さん

 北上市立南小学校6年の髙橋美有さん(11)は21日、「ヘアドネーション」(髪の寄付)に協力するため、幼児期から長く伸ばしてきた髪を切り落とした。

 保育園時代から髪を伸ばし続けてきた髙橋さん。小4の時に兄の同級生が自由研究でヘアドネーションをしていることを知り興味が湧き、来年の中学入学を控え髪を切り寄付することに決めた。

 髙橋さんは同日、家族と共に同市北鬼柳の美容室「EARTH」北上店を訪れ、幼少期から5、6年間で膝裏まで伸びた約1メートル20センチの髪を45センチまでカットした。同店ではこれまでもヘアドネーションを望む客に接してきたが、髙橋さんを担当したスタッフの菅野清孝さん(38)によると「これまでのお客さんの中でも特に長い」という。

 髙橋さんは「不安だったけど、髪が軽くなりすっきりした。寂しい気もするけど、また新しい自分になれる。(不便を感じていた)縄跳びや雑巾掛けが思い切りできそう」と充実した表情。切り落とした75センチの髪は、病気などにより頭髪に悩みを抱える子供たちの医療用ウイッグ(かつら)として活用される予定で「髪がなく困っている人たちに一つでも多く届け、役立ててほしい」と願っていた。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年7月16日付
北上・西和賀
2020年7月16日付
北上・西和賀
2020年7月16日付
北上・西和賀
2020年7月16日付
北上・西和賀
2020年7月16日付