県内外

県立学校 部活動県外遠征解禁 「新生活様式」改訂 県教委 コロナ対策【岩手】

 県教委は23日、新型コロナウイルスの感染防止対策として制限していた県立学校の県外遠征を全面解除すると発表した。政府や県が県境をまたぐ移動の全面解除を受けた対応。今後学校の方針に従い、県外での練習試合や合同練習などが可能となる。

 県教委が今月上旬に取りまとめた「学校の新しい生活様式」の内容のうち、県立学校の部活動の対応について改訂した。

 これまでは新型コロナの感染防止のため、県内や近隣他県に制限した上で、他校との練習試合(遠征)や合同練習などについては認めていた。県境の移動が全面的に可能となったことを受け、県教委が改めて方針を示した。

 練習試合や合同練習は特に移動の制限は設けないとしているが、事前に遠征先の地域での制限などを確認した上で、当該地域の学校方針に従うことと注意喚起している。

 また、生徒の健康状態を把握し、体調に不安や参加を希望しない生徒は参加させないとしている。

 各種大会への参加についてはこれまで通りとし、各校で地域の感染状況を考慮して参加の必要性を判断するとともに、移動や宿泊などを含めた感染防止対策などの徹底を促している。

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年7月8日付
県内外
2020年7月8日付
県内外
2020年7月8日付
県内外
2020年7月8日付
県内外
2020年7月8日付