奥州・金ケ崎

アヤメしっとり 胆沢城跡歴史公園で展示会【奥州】

あやめ展示会で胆沢城跡歴史公園に並んだアヤメ

 新型コロナウイルスの感染予防のため今年の胆沢城あやめ祭りが中止となったことを受け、奥州市水沢の「胆沢城跡を元気にする会」(菊地幸吉会長)はあやめ展示会を開いている。祭り会場となる予定だった同市水沢佐倉河の胆沢城跡歴史公園広場の南大路に花々を並べ、祭りと併催予定だった「あやめコンクール」に代わって史跡を彩っている。29日まで。

 例年コンクールに参加してきた八幡地区の住民ら会員23人をはじめとする出品者が参加。栽培してきたアヤメのプランター23基、マリーゴールドとニチニチソウのプランター計17基を持ち寄り、南大路の両側に並べた。

 初日は強い雨に見舞われたが、アヤメの季節らしい風情となった。同会の菅原進実行委員長(79)は「祭りを開ければ一番良かったが、仕方がない。公園について発信したくてできるだけ多くのプランターを持ち寄った。公園を活用しながら地域の活性化につなげていきたい」と話していた。

 最終日の午後3時まで観賞できる。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年7月6日付
奥州・金ケ崎
2020年7月6日付
奥州・金ケ崎
2020年7月6日付
奥州・金ケ崎
2020年7月6日付
奥州・金ケ崎
2020年7月6日付