一関・平泉

太公望 続々と 砂鉄川でアユ釣り解禁【一関】

砂鉄川でアユ釣りを楽しむ愛好者=1日午前11時50分ごろ、一関市大東町摺沢

 一関市東部を流れる砂鉄川で1日、アユの友釣りが解禁された。あいにくの雨となったが、待ちわびた市内外の太公望が繰り出し、緩やかな流れに釣り糸を垂れて当たりの感触を楽しんだ。

 午前5時の解禁に合わせ、同市大東町摺沢の流矢橋や開電橋などの周辺に続々と釣り人の車が到着。雨にぬれながらも、久しぶりの渓流釣りを満喫した。

 砂鉄川漁業協同組合(松岡俊太郎組合長)は解禁に備え、ほぼ平年並みとなる約1400キロの稚魚を放流。同漁協の那須勤理事は「上流下流とも同じぐらい稚魚を放したが、一部では病変が見られた。天候は悪かったが、人出は例年並みのようだ」と話していた。

 流域では9月半ばごろまでアユ釣りが楽しめるという。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付