一関・平泉

検温、入れ替え制で 一関プールオープン

4日にオープンした一関水泳プールで思い思いに遊ぶ来場者

 一関市狐禅寺の一関水泳プールは4日、オープンした。今季は新型コロナウイルス感染予防を徹底し、入場人数などを制限。梅雨空の下、訪れた市民らが水しぶきと歓声を上げた。

 営業期間は8月30日まで。感染防止のため来場前に検温をするほか、1日3回の遊泳時間を設け、利用者を総入れ替えする。時間は午前10時~正午(受付開始午前9時30分)、午後1時30分~3時30分(同午後1時)、午後4時30分~6時30分(同4時)。休業日は毎週月曜日。

 初日は雨がやんだ午後から小中学生らが来場した。浮輪やボールを持ち込んで思い思いに遊び、水の感触を楽しんでいた。きょうだいで訪れた伊藤卓登君(萩荘小学校4年)は「水が冷たくて驚いた。夏休みになったらもっと遊びに来たい」と笑顔を見せていた。

 同プールのほか、花泉、東山B&G海洋センターもオープン。1回の利用人数は一関が一般用男女各40人、子供用40人。東山が男女各15人、子供用15人。花泉は30人で、子供用のみ使用可能。

 小学3年生以下の児童と幼児は、保護者か20歳以上の責任者の同伴が必要。水着とキャップを持参する。各施設ではゴーグル、キャップ、ビート板の貸し出しはしない。

 藤沢B&G海洋センターについては、循環ポンプの修復のため休止している。

 問い合わせは市体育協会=0191(31)3111=へ。 

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付
一関・平泉
2020年8月7日付