奥州・金ケ崎

大瀧さん楽曲を発車メロディーに 実行委がJRへ要望・水沢江刺駅【奥州】

石田支社長に要望書を手渡す小沢市長(左)

 JR水沢江刺駅の発車メロディーとして奥州市江刺出身のミュージシャン大瀧詠一作曲の「君は天然色」を導入してもらおうと、同市の「水沢江刺駅発車メロディ導入実行委員会」(会長・小沢昌記市長)は6月30日、JR東日本に対し、導入の事業化を要望した。

 同曲の発車メロディー導入をめぐっては、市のイメージアップや誘客促進を図るため、「大瀧詠一応援団」が発足。1月には市長宛てに要望書を提出し、6月1日に市や関係機関、団体で実行委を設立した。メロディーは既に編曲や著作権者の確認を終え、実行委で試聴済み。上りと下りでアレンジを変え、明るく爽やかな雰囲気に仕上がっている。

 実行委の小沢市長、石川悦哉副会長、高橋晋副会長ら6人は30日、盛岡市のJR盛岡支社を訪問。小沢市長が石田亨支社長に要望書を手渡した後、非公開で意見交換が行われた。

 実行委によると、同支社は「前向きに検討したい」などと話していた。小沢市長は「この曲は、若い人にもコマーシャルなどで親しまれている。発車メロディーが実現し、誘客につながれば」と期待。石川副会長は「大瀧さんは地元の誇り。市民の熱い要望もあるので、大瀧さんの思いを後世に伝えるためにも実現してほしい」と語っていた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年8月7日付
奥州・金ケ崎
2020年8月7日付
奥州・金ケ崎
2020年8月7日付
奥州・金ケ崎
2020年8月7日付
奥州・金ケ崎
2020年8月7日付