花巻

3密回避の花火大会 コロナ禍の職人ら支援 愛木さん企画【花巻】

花巻市で開催予定の花火大会イメージを示す愛木さん

 花巻市西宮野目の会社員愛木敬介さん(39)は、25日に同市十二丁目の花巻スポーツランドで花火大会を開催する。新型コロナウイルスの影響で各地の花火大会が取りやめになる中、「3密」回避・少数協賛者で開かれる「ウィズコロナ」の時代も見据えた新スタイルのイベント。愛木さんは「(多くの花火大会が中止になっているが)寂しいと言っているだけでは何も始まらない。催し中止で苦労している花火師さんの収入にもなること。デザインに凝った玉(花火)を上げたい」と意気込む。

 愛木さんは花火鑑賞士の資格を持ち、各地の花火師や業者との人脈も豊富。全国の同志と結成した「煙火粋心会」メンバーとしても活躍している。大規模イベントが軒並み中止される古里で何かをしたい、苦境にあえぐ業者をサポートしたいという一念から、花巻での新しい花火大会を企画した。

 ポイントは、地元商工会など大組織を中心とした実行委方式ではなく、費用負担を分担する協賛者を募って開催するスタイル。各種申請や届出の範囲内で行うことから打ち上げ数は数十発、時間も数分程度になりそうだが、その分費用は40万円程度に抑えられるという。1人(子供連れは1家族)5000円の負担とし、会場入場も協賛者だけとする。小規模・少人数は、会場内での「密」を避けることにもつながる。

 問題は打ち上げ、鑑賞適地の確保だったが、花巻スポーツランド(北上川フィールドライフクラブ)の白畑誠一代表が全面協力。花火業者からも「場所がすごく良い」と絶賛されたという同ランド川沿いの使用を認められ、愛木さんは「白畑さんとの巡り合いがなかったらイベント実現は難しかった。本当に感謝している。自然そのものを使って遊べる素敵な場所で、迫力ある花火を見せたい」と目を輝かせる。

 イベント当日は、午後8時ごろからの打ち上げ開始を予定。協賛者募集も行っており、問い合わせは愛木さんのフェイスブックか花巻スポーツランド=0198(22)6085=まで。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年11月25日付
花巻
2020年11月25日付
花巻
2020年11月24日付
花巻
2020年11月24日付
花巻
2020年11月23日付