県内外

生産者ら魅力PR 県産しいたけフェア イオンモール盛岡南

盛岡市内で始まった「岩手の原木しいたけフェア」

 県しいたけ産業推進協議会主催の「岩手の原木しいたけフェア」は11日、盛岡市本宮のイオンモール盛岡南で始まった。一関市大東町や山田町の生産者らが自らの商品を販売し、本県産の原木シイタケの品質の良さなどをPRしている。12日まで。

 フェアは「7月7日の乾しいたけの日」の関連行事として、東京都の「いわて銀河プラザ」で例年開催していたが、新型コロナウイルスの影響で中止となり、県内での販売会を開催した。初日は生産者の一関市大東町大原の菊池俊秋さん(60)と、山田町豊間根の芳賀幸子さん(41)が販売に参加。新型コロナで各地の販売会などは中止となっており、販売数にも影響が出ているという。

 生産者の2人は「改めて県産の原木シイタケの品質の高さやおいしさなどの魅力を多くの人に知ってもらいたい」などと話していた。

 12日は午前10時~午後4時。

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年8月7日付
県内外
2020年8月7日付
県内外
2020年8月7日付
県内外
2020年8月7日付
県内外
2020年8月7日付