花巻

特殊詐欺被害 漫画で注意促す ホワイトボード設置・花巻署

特殊詐欺の被害防止を漫画で呼び掛けるホワイトボード

 特殊詐欺被害を防止しようと、花巻市下小舟渡の花巻署(高橋明弘署長)は詐欺の手口を漫画にして描いたホワイトボードを1階ロビーに設置し、市民に注意を呼び掛けている。

 管内では今年に入り、高齢者からキャッシュカードをだまし取り現金を引き出す特殊詐欺の被害が多発しており、絵の得意な署員がオリジナルの6こま漫画でその手口を表現した。

 市職員を名乗る犯人Aが高齢者宅に「還付金がある。口座番号と暗証番号を教えてほしい」「これから銀行の者が行く」などの電話をかける場面から始まり、「銀行員を名乗る犯人Bが家に来る」「封筒にキャッシュカードを入れるように指示される」「割印を求められ、印鑑を取りに行く隙にカードを盗まれる」「中身をすり替えた封筒を渡される」「後日、被害に気付く」までの流れを分かりやすく説明している。

 このほか、新型コロナウイルスに関連する不審なメールや電話への注意を促すチラシも用意。大野志織生活安全課長は「犯人が直接家に来る手口は危険も伴う。市職員が口座番号や暗証番号を聞くことはあり得ないので、そういった電話を受けたら警察にすぐ連絡してほしい」としている。

 同署では、交通事故防止の取り組みや警察官の活動などをホワイトボードで随時紹介していく考えだ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年8月4日付
花巻
2020年8月4日付
花巻
2020年8月3日付
花巻
2020年8月3日付
花巻
2020年8月3日付