一関・平泉

200人にNSP缶バッジ メモリアルスポット1周年 一関市がキャンペーン

抽選で200人に当たるNSPの写真入り缶バッジ
魅力発信 飲食店利用促進

 一関市は、同市ゆかりのフォークグループNSPのメモリアルスポット設置1周年を記念し、限定の缶バッジを抽選で200人にプレゼントするキャンペーンを始めた。市の魅力発信に加え、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている飲食店を応援する取り組みで、市内飲食店で月3000円(税込み)以上飲食した人が応募できる。キャンペーンは8月31日まで。

 NSPは、一関工業高等専門学校出身の故天野滋さん(同市出身)、中村貴之さん(宮古市出身)、平賀和人さん(花巻市出身)がメンバー。代表曲「夕暮れ時はさびしそう」の舞台となった磐井川堤防には、2019年7月に2人掛けのベンチや歌詞が刻まれた譜面台などを備えた「NSPメモリアルスポット」が設置された。

 キャンペーンは、市の魅力を市外に発信するシティプロモーションの一環で、新型コロナで売り上げが落ち込んでいる市内飲食店の利用を促進し、活気を取り戻すきっかけにしようと企画。PR協力として一関高専の学生もSNS(インターネット交流サイト)で情報発信する。

 缶バッジは直径約4・5センチで、メンバー3人の写真に新型コロナ感染防止対策の文言が記載されている。7月分100個、8月分100個を抽選でそれぞれ贈呈する。

 応募には、キャンペーン期間中に市内飲食店で月3000円以上利用したことを証明するレシートの写真が必要だが、同じレシートでなければ1人何回でも応募できる。今月分のレシートは来月7日締め切りで、同11日に抽選。8月分のレシートは9月7日締め切りで、同11日に抽選を行う。

 このほか、応募者全員に市のオフィス製紙機「ペーパーラボ」で作られた再生紙を使った「通行手形」(NSPメモリアルスポット限定バージョン)をプレゼントする。市ふるさと納税への寄付者にも同じ物を贈る。

 市広聴広報課の千葉せつ子課長は「1周年を迎え、市内外の人たちから愛されるスポットになっているのは喜ばしい。さらに一関の魅力を発信し、広く知っていただけるようにしたい」と話している。

 応募は、電子メールか郵送で。問い合わせ先は同課=0191(21)8182=。メールアドレスは次の通り。

kouhou@city.ichinoseki.iwate.jp

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年11月25日付
一関・平泉
2020年11月25日付
一関・平泉
2020年11月25日付
一関・平泉
2020年11月25日付
一関・平泉
2020年11月25日付