花巻

危険箇所など点検 田瀬ダム周辺施設【花巻】

夏休みを前に田瀬ダム周辺の施設を点検する関係者

 夏休みを前に北上川ダム統合管理事務所は15日、花巻、遠野両市に整備されている田瀬ダム周辺のレクリエーション施設などを関係機関と合同で点検し、危険箇所や破損箇所の有無などをチェックした。

 ダム周辺がレクリエーション活動の場として多くの人に利用されていることを踏まえ、安全確保を図ろうと同事務所田瀬ダム管理支所が毎年実施している。

 点検には同支所と花巻、遠野両市の職員など関係者10人が参加。ヨットハーバーや旧あやめ園、親水公園、オートキャンプ場、釣り公園など両市内の8カ所を回り、施設の破損状況をはじめ高所からの落下物の可能性や陥没箇所の有無などについて点検した。

 点検の結果、旧あやめ園近くの遊歩道で倒木を見つけた。また、今回は新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした注意喚起看板の掲示状況も確認した。同事務所は点検を踏まえて早急に改善する方針。

 同支所の菅原良太管理第一係長は「家族連れなどが安全に利用していただけるよう日ごろから気を付けて管理している。大雨後は状況が一変することがあるので十分注意し、マスク着用などコロナの感染防止対策を徹底した上で施設を利用してほしい」と呼び掛けている。

 同事務所は14~16日に、胆沢ダムや湯田ダムを含め県内5カ所のダムを点検する予定。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年11月28日付
花巻
2020年11月28日付
花巻
2020年11月28日付
花巻
2020年11月28日付
花巻
2020年11月28日付